法要の栞

法要・葬儀・お墓・御祈願などの手引き

年回法要について

年回(年忌)法要について


年回(年忌)一覧と、年回の数え方・弔い上げの時期などについてご案内しています。


年回(年忌)一覧表


平成29年(2017年)の年回一覧表


一周忌 平成28年
三回忌 平成27年
七回忌 平成23年
十三回忌 平成17年
十七回忌 平成13年
二十三回忌 平成7年
二十七回忌 平成3年
三十三回忌 昭和60年
三十七回忌 昭和56年
四十三回忌 昭和50年
四十七回忌 昭和46年
五十回忌 昭和43年

地域によって、二十五回忌 平成5年


平成30年(2018年)の年回一覧表


一周忌 平成29年
三回忌 平成28年
七回忌 平成24年
十三回忌 平成18年
十七回忌 平成14年
二十三回忌 平成8年
二十七回忌 平成4年
三十三回忌 昭和61年
三十七回忌 昭和57年
四十三回忌 昭和51年
四十七回忌 昭和47年
五十回忌 昭和44年

地域によって、二十五回忌 平成6年


年回法要(年忌法要)について


年回の数え方

ご葬儀の時を一回目として、「数え」の年数で計算します。
そのため、亡くなってから満2年が三回忌、満6年が七回忌になります。
ちなみに、満1年の場合には「二回忌」ではなく「一周忌」と呼びます。私も何度か親族の葬儀を経験しましたが、ご遺族の「ああ、満一年になったなあ」という気持ちが、この「一周忌」の呼び名に込められているようにも思います。


年回法要はいつするか


一周忌の後は、三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌というように、三と七の区切りの年に行います。地域などによっては二十五回忌を営む場合もあります。
祥月命日(亡くなった月日)当日、もしくは前日(「お逮夜」おもに関西の風習)に営まれてきましたが、最近では祥月命日の前に、ご親類が集まりやすい週末に営まれる場合も多くなりました。


弔(とむら)い上げとは


問い上げ・問い切りとも呼ばれます。
年回法要に区切りをつけ、以後は「先祖代々」としての供養をされたり、「永代祠堂簿」にお名前を入れられたりします。
一般的には三十三回忌~五十回忌の何れかで行います。

年回の計算

下のバナーをクリックしていただくと、カシオ計算機株式会社の「keisan」サイトにジャンプします。
表示されたページに没年月日を入力いただくと、年回の年と、祥月命日直前の日曜日が表示されます。

生活や実務に役立つ高精度計算サイト「keisan」


閉じる