法要の栞

法要・葬儀・お墓・御祈願などの手引き

永代経

この法要の正式名は「永代祠堂(えいたいしどう)」法要です。
一般には、「永代経」、時に「永代供養」等の名でも言い慣わされています。


永代経(永代祠堂・永代供養)について


長年にわたって、毎年秋に、この法要を営んでまいりました。
戦後は、毎年11月3日を「永代祠堂」法要の日と定め、篤志・有志の方々が本堂に集い、読経の後、永代祠堂簿に加入された方々の回向と、有無両縁の物故者回向を行っています。

祠堂簿にご加入される動機は様々です。

 亡くなったご家族の供養に
 ご先祖で弔い上げを済まされた方を
 祭祀の継承者がいない親類の供養に
 お子さんがいないため、生前にご自身で加入
 他家に嫁いだ方がご両親のために 等々

「祠堂(本堂)にて年々永代に経を読み、寺を護持するとともに、仏縁を深める」という意味だけでなく、秋が深まってゆく時節、毎年皆さんが一堂に会し、亡くなった方々へ静かに想いを馳せる機会でもあり、また、本来の自分自身に立ち戻り、来し方行く末を見つめる機会でもあります。


ご加入のお申し込みと、その後のながれ

どなたでもお申し込みいただけます。

  1. ご希望の方は、円福寺までご連絡・お問い合わせください。
  2. 日時や詳細についてご相談のうえ、永代祠堂供養簿加入の法要をさせていただきます。 また、ご加入料につきましては、御志納にてお願いいたしております。
    (「御志納と言われても…」とお困りの方は、どうかこちらもご覧ください。)
  3. その後、毎年、10月初旬ごろに、法要のご案内のお手紙を差し上げます。
  4. 11月3日にご都合がよろしければ、ぜひ法要に御参席ください。
    お菓子とお抹茶のご接待の後に法要が始まります。
    法要終了後は皆さんに、御供のお下がりのお菓子をお配りします。


閉じる